胃潰瘍の初期症状とは?セルフチェック胃潰瘍

胃潰瘍のセルフチェック

胃潰瘍に罹った時には、一体どのような自覚症状があるのでしょうか?非常に気になっている人も多いことでしょう。

 

普段から激しい胃の痛みを伴うという人なら、知りたいものでしょう。もちろん、程度の差はありますが、胃潰瘍のなかで最も深刻なのが、みぞおちや右上腹部の痛みとなります。その他にも、食欲不振や胃の不快感等の症状を伴うことがあります。

 

潰瘍の状態がさらに悪化すると、吐血や下血といった出血症状が現れる可能性が高くなります。尚、出血の症状があまりにも酷い場合には、顔が青白くなり、ショック状態に陥ってしまう危険性があります。
以上、みぞおちや右上腹部に強い痛みを感じたら、胃潰瘍の疑いがあるということを説明しました。ここからは注意点として1点紹介したいと思います。

 

みぞおちや右上腹部に痛みを感じた場合、胃潰瘍以外の病気(十二指腸潰瘍、急性・慢性胃炎、胃ガン、潰瘍穿孔)の疑いがあります。

 

一方、右上腹部に痛みが走っている場合は、十二指腸潰瘍や急性肝炎、肝硬変、胆石症、胆のう炎の病気の可能性がありますs。

 

いずれにせよ、これらは命に関わる病気です。勝手な自己判断を行ったり、市販薬で難を逃れようとしたりする行動は、体にとっても良くありません。早いうちに病院へ足を運ぶようにしましょう。

更新履歴